僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

ジーコジャパン対クリンスマンドイツ




<記事抜粋>サッカーの日本代表は30日午後8時半(日本時間31日午前3時半)、
ドイツのレバークーゼンでワールドカップ(W杯)開催国のドイツ代表と
国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。日本は後半12分、
同20分に高原が連続得点を挙げたが、その後2失点し、惜しくも勝利を逃した。 

 日本の布陣は3―5―2。中田英、福西がボランチに入り、
トップ下には中村、2トップには柳沢と高原が先発した。
ドイツは4―4―2で、負傷で出場が微妙だった大黒柱のバラックも
試合開始からピッチに立った。

 試合は立ち上がりからドイツが支配した。球際の強さを生かしてボールを奪い、
早いパスまわしで日本に囲い込みを許さず、何度もゴール前まで押し込んだ。
しかし、日本はDF陣が落ち着いた対処でシュートに持ち込ませず、
カウンターに近い形から反撃。前半13分には、ペナルティーエリア内で
柳沢からパスを受けた中田英が左足でシュート。同16分にも、中村から好パスを
受けた柳沢がシュートを放つなど、得点の予感を感じさせる攻撃をみせた。

 両チーム無得点で迎えた後半、日本は試合を組み立てる中田英や
中村が大きなサイドチェンジを多用し、負傷退場した加地に代わって出場した
駒野らの攻撃参加からクロスボールにつながる攻撃が増加。後半8分、
流れるようなパス交換から高原が左サイドを抜け、パスを受けた柳沢がシュートを放った。
同12分、中村が巧みなボールキープから柳沢へパスを送り、
柳沢が最終ラインの裏を狙った高原に絶妙なパスを通すと、
高原が落ち着いてシュートを決め、日本が先制した。同20分にも、
ペナルティーエリア手前でボールを受けた高原が強引な突破から
右足でシュートを決め、点差を2点に広げた。

 しかし、地元で負けられないドイツは、持ち前の勝負への執念を発揮し、
同31分にクローゼ、同35分にシュバインシュタイガーがセットプレーから
それぞれ得点を挙げ、試合は振り出しに。一進一退の攻防の中、日本は、
中田英の絶妙なパスから交代出場の大黒がシュートを放つなど、何度か決定的な
場面を作ったが、ドイツGKレーマンの好守もあり、惜しくも勝利は挙げられなかった。










見逃したァァァ!!!!





けど、なかなか結果を残せた試合だったみたいで。

FWの高原の2ゴールは良かったね、ホントに。


DF面で、セットプレイでの守備に不安が残るみたいだけど、

改善点があるってことがわかっただけでも大きな収穫だしね。




今度のマルタ戦では守備面を改善し、ドイツ戦以上にアグレッシブに

どんどん前線に上がって、点を獲ってもらいたいですね。



松田がいればなァ~って未だに思ってます。



あと、田中に代わって茂庭が追加召集されたみたいですよ。




日本、開催国ドイツと引き分け 高原2得点 Excite エキサイト : スポーツニュース







一時のテンションに身を任せて登録してみましたァ☆
現在何位か全くわかんないけど、応援よろしくゥ?

[PR]



by whoamip | 2006-05-31 16:30

感じたことを綴るブログ。様々なものに触れ、感じることが何かあるはず。
by whoamip
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

PROFILEなど


▽誕生日:4月25日

▽年齢:1986年生まれの22歳

▽出身地:東京都(現在長野在住)

▽性別:おとこのこ

▽趣味:音楽を聴く
    マンガを読む
    パソコン
    サッカー観戦(TV)


朔ちゃんが作ってくれた
バナーでっす!!




 ‐リンク&お気にサイト‐


BlogPeople


検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧